きっかけは周りの結婚、どうしてもお金が必要に

男性/20代/美容師4年 営業職2年

以前は美容師として活動していました。
会社経営に興味を持ち、現在はベンチャー企業にて、営業の仕事をしています。


毎週の出費

美容師として正社員で働いていた時に周りの結婚が重なり、どうしてもお金が必要となった時期がありました。
結婚はおめでたいことですが、毎週の3万円の出費はとにかくきつかったです。

インターネットで登録

お金が足りなくなり困りましたが借りるあてがなかったので、オリコカードローンを利用して30万円借りました。
インターネットのHPにて登録し、後日審査結果通達、カード配送といった流れでした。

厳しい返済

必要となる現金をすぐに借り入れする事ができ、その場は解決する事ができました。
しかし実際の収支と見合った借り入れをできていなかったので、返済に関しては厳しい状況であったのも事実です。
貯蓄などをしていれば、自分自身の収入内で解決出来たものだったために、カードローンを利用したことに後悔はありました。

本当に必要な額だけ利用する

自身の収支と支出のバランスを考えた上で借り入れする事が大切だと思います。
急な支出がある状況はどうしてもあります。
そういった場合のみにカードローンを利用。
これが適度な借り入れに該当するのではないかと思います。
実際知人でギャンブル目的で借り入れをされている方々は、収入と支出のバランスが保てていないために、毎月厳しい経済状況と聞きます。
返済目標も立てられないので、他のカードローンを利用し数社掛け持ちとなってしまっている様です。
返済のためにカードローンを利用するのでは、根本的な返済の解決になっていないのです。
私は30万円という少額でしたが、この金額でも返済が厳しい時期はありました。
簡単に借り入れが出来ることもあり、借り入れ額に対しての危機管理能力も麻痺してしまいがちです。、
借り入れする際は、本当に必要な額なのか、また返済予定までを明確に考えた上で利用することをオススメします。