手荒れ ワセリン

手荒れケアによく使われる「ワセリン」について

ワセリンとは?

手荒れケアやスキンケアに取り入れられているワセリンですが
実はワセリンの原料は原油ということはあまり知られていません。

皮膚を保護する保湿剤をワセリンと呼んでいます。
主な使い方は乾燥肌や皮膚炎・アレルギーによって肌のバリア機能が損なわれると保水する機能が低下してしまいます。
ワセリンは肌表面のNMF(天然保湿因子)の働きをサポートしてくれる力があります。

しかし化粧水や美容液などの化粧品とは異なり
ワセリンは角質層にまで浸透することがなく、肌の表面上にとどまる添加物のない油ということです。
ワセリン単体では肌を潤したり、栄養を与えたりする効果は期待できません。

 

ワセリンは肌の保護膜代わりになり、ホコリなど刺激物から守る役割を担っています。

 

しかし原料が原油を肌に塗ることは副作用などの悪影響が出たりしないかな?
と、中には不安を感じる人もいます。
石油は本来自然由来成分のため肌に塗っても大丈夫です。

shirojam ワセリン

ワセリンにも種類があり、リーズナブルで購入できるので
手荒れケアやアトピーに悩んでいる人はワセリンを取り入れてみることをオススメします。
ワセリンの種類や安全性について紹介します。

 

ワセリンにはどんな種類がある?

ワセリンの種類は原油からの精製の純度の違いにより分かれています。

ワセリンには4種類あり

黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトになります。

 

黄色ワセリン

黄色ワセリンはワセリン4種類の中でも、純度が低く不純物の含有量が多いです。
黄色っぽい色味が特徴で、ドラッグストアなど量販店で安価で購入することができます。

 

白色ワセリン

白色ワセリンは黄色ワセリンの純度を高めたものになります。
一般的にワセリンと呼ばれているのは白色ワセリンのことを指しています。
白色ワセリンは医療機関でも使用されることが多く、手荒れやスキンケアに用いることができます。
黄色ワセリン同様安価で購入することができますが
敏感肌、アトピー性皮膚炎、赤ちゃんなどは白色ワセリン以上の純度のものをオススメします。

 

プロペト

白色ワセリンより純度を高めたワセリンです。
プロペトは目の近くなどデリケートな部位に使用することができ、医療機関でも使用されています。

 

サンホワイト

サンホワイトはプロペトの純度を高めたものになります。
プロペトを使用しても肌に刺激を感じたり、痒み・かぶれが出てしまう人や
肌の弱い赤ちゃんにも使用できるワセリンになります。

 

サンホワイトは刺激が少ないワセリンですが、ワセリンの中では購入価格が高いです。

ワセリン副作用・安全性は大丈夫?

 

ワセリンは保湿剤の中では刺激が少なく、赤ちゃんから大人まで使用することができます。
しかしワセリンの純度が低いものを使用した場合、肌の状態によってはかぶれや赤みなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

安価で手に入りやすいですが、敏感肌、アトピー性皮膚炎、肌の弱い赤ちゃんなど肌に心配な部分を抱えている人は
皮膚科など医療機関でプロペトやサンホワイトを処方して貰い正しい使い方をすることをオススメします。

手荒れにワセリン|効果的な使い方と予防

手荒れが起こってしまう原因

手荒れにはハンドクリームを塗ってケア!という考えが多いですが
実は手荒れにはワセリンで保湿しながら改善していくという方法が有効と言われています。

 

特に水に触れる機会が多く、洗剤などを使用した家事は手肌のダメージが蓄積しやすいです。

手荒れがひどく手肌がかさつきやすいという人はおそらく
手肌の皮脂膜の再生が追い付かず、角質層の水分が抜けきり硬くなってしまっています。
手荒れがより進行してしまうと、あかぎれ・かゆみ・角質の硬化などの症状が出てしまいます。

手荒れの時、ワセリンを使う目的は2つあります。

  • ワセリンを皮膚表面に塗ることで角質層の水分蒸発を防ぐことができ乾燥化を防ぐ効果
  • 摩擦などの外的刺激から皮膚を保護する効果

ワセリンは化粧水や美容液と異なり、油のため水を弾くことができます。
硬くなってしまった皮膚に再び潤いを持たせたい!と言う時ほど、手荒れにはワセリンを併用することが大切です。

 

手荒れでワセリンを使う時のポイント

ワセリンは保湿剤のため、保護膜を張ることができても皮膚を潤すことはできません。
そのため手荒れしているところに先に水分を与えてからワセリンを塗る必要があります。
特に手荒れの度合いによってワセリンの使い方も考えて行う必要があります。

 

手荒れが起きていないときのワセリンの使い方

手荒れが起きていないときは化粧水など水分を先に手肌に染み込ませてから、米粒ほど少量のワセリンを均等に塗ると
水分が蒸発しにくく乾燥を防ぐことができます。
ワセリンを多く塗ってしまうと、かなりべたつき易くなるため不快感が出てしまいます。

 

ハンドクリームの方が肌馴染みがいいので、手荒れにはワセリンよりもハンドクリームを選んでしまう人も多いです。
しかしハンドクリームに配合されている成分のほとんどは油分のため、単体では乾燥を防ぐことが難しいです。

 

そして保湿力はハンドクリームよりもワセリンの方が高いため
十分肌を潤してからワセリンで保湿することをオススメします。

 

また手荒れケアにワセリンを使ったウェットラップ法も有効です。

これは手洗い後、手が濡れたまま外用薬(ワセリン系)を塗り、そのあと余った水分をふき取る方法です。
これは適度な水分を角質に与えることができ、手肌の乾燥状態を改善することに繋がります。

 

指針に亀裂が生じてしまったり、ささくれができてしまったときにばんそうこうを貼ってしまう人がいますが
過剰な水分がばんそうこ内に閉じ込められてしまうため、皮膚がふやけやすく刺激に敏感になり悪化しやすくなります。

 

もしひどい手荒れにワセリンを塗っても改善されない場合

日常生活において手荒れが起きる原因はたくさんあります
その分きちんとハンドケアを怠らなければ、問題ありません。

 

しかし体質の関係上手荒れにワセリンを用いてケアしていても改善されないことはよくあります。

その際は自分自身で手荒れケアを頑張らずに、皮膚科など専門家に相談されることをオススメします。

 

白色ワセリンはドラッグストアや薬局など市販でも購入することが可能です。
しかし手荒れ症状の度合いによっては、病院から処方されるプロペトやサンホワイトを
用法・容量を守りながら使用することをオススメします。

 

またワセリンは多く塗りすぎてもべたつくだけなので
化粧水や美容液などで十分に保水してからワセリンを使うようにしましょう。

まとめ

shirojam 手荒れケア

ワセリンは保湿力がとても高く、リーズナブルで購入することができるため
ハンドケアに取り入れやすい印象があります。

 

しかし手荒れは保湿も大事ですが保水も大事なため、ワセリンだけではケアすることは難しいです。
特に寝る前のハンドケアは入念にケアをしたいので、保水・保湿力の高いハンドジェルをワセリンと合わせて使うとより効果的です。

 

シロジャムは手肌への浸透力がよく、保水力・保湿力が高く
エイジングケアに必要な美容成分が十分に配合されいるため、ワセリンとの相性もいいです。

 

今ならお得に購入できるキャンペーンも実施しています。

ぜひ合わせてご利用ください♪

今なら、初回1,980円(送料無料)

お試しできるキャンペーン中

全額返金保証付き&いつでも解約OKだから安心

page top